慈雲寺の寺宝

昭和52年 市指定文化財

絹本着色
けんぽんちゃくしょく

十六善神像図

じゅうろくぜんじんぞうず

縦130.3cm x 横70cm



   大般若経を読む時に奉懸され
るのが。釈迦如来十六善神の画
幅です。

 画面上部中央に釈迦、下部の
左右に各八体の善神が配されて
います。

 描かれた時期は、鎌倉時代と
考えられています。
 
 





紙本着色
しほんちゃくしょく

渡唐天神像図

ととうてんじんぞうず

縦71.8cm x 横26cm






    学問の神様である菅原道真公を
描いたもので信玄筆と伝えられてい
ます。

  「渡唐天神」とは菅原道真が一夜
で中国に渡り、禅を学びその奥義を
会得したとする信仰に端を発してい
ます。

 唐の服を着てすわり、足下に天神
の象徴である梅の枝を描いていて
一般的な渡唐天神図とは異なって
います。

 上部には、快川国師の賛と、落款
があります。

 描かれた時期は、室町時代と考え
られています。